名刺のデザイン

デザインどうせ名刺を持つならインパクトのあるものを持ちたいという人も多いのではないでしょうか。名刺を作成する際にはシチュエーションに合わせてデザインを決める必要がありますが、中でも使用する色選びは重要です。例えば、弁護士や税理士と一見堅い職業のイメージの強い人がピンク色のデザインの名刺を持っているとどうでしょう。

逆にホステスさんが黒や灰色など暗いイメージの色の名刺を持っているとどうでしょう。名刺を作成する際は色が相手に与える印象は思っているよりも大きいと思っておきましょう。また名刺に使用する色は2色程度にとどめておくと洗練されたデザインに仕上がります

この他にも、文字の書体やフォントが適切なものかどうか、文字間の余白が十分に取られていて見やすいかどうか、画像やイラスト、ロゴマークなどで見やすいものになっているかなど、カードサイズの小さなスペースでもこだわりを持って作成することで、名刺というツールで相手によりよい印象を与えることができます。インパクトのあるデザインイコール奇抜なデザインというわけではなく、シチュエーションに合わせた名刺作りの中で、いかに個性を出すことができ、インパクトを出すことができるかを考えてみましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です